フォト

-天気予報コム-
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

友人のページ

こんなページを見つけました。

無料ブログはココログ

« 応援旗はためく | トップページ | 野球とサッカーと »

2006年3月19日 (日)

WBC

ここまで、ほとんど追っかけてこなかったWBCだったが、「クソ審判」騒ぎや、メキシコが米国に勝つという大波乱のニュースにつられて、テレビで準決勝韓国戦を観た。息詰まる投手戦、両チームとも守備ファインプレイ続出のピリピリした雰囲気が痛くてちょっと辛いなぁ・・・と思っていたら、福留の2ランで一気に目が覚め、鳥肌が立った。

代打を告げた王監督は、あの時何が閃いたのだろう。説明できない何かが起こった瞬間に立ち会った。福留やイチロー、宮本、好投の上原-里崎バッテリーの他に、超人的ファインプレイ→決定的チャンスで凡退→止めを刺すホームランと、いくつかの局面を大きく揺さぶった横浜の多村が、ゲームのもうひとつの鍵を握っていた気がする。

« 応援旗はためく | トップページ | 野球とサッカーと »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WBC:

« 応援旗はためく | トップページ | 野球とサッカーと »