フォト

-天気予報コム-
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

友人のページ

こんなページを見つけました。

無料ブログはココログ

« つぶやき | トップページ | カフエエ »

2006年3月10日 (金)

テレビ

N響アワーで、2月Aプロの放送があったので見る。スクリャービンの交響曲第1番と「プロメテウス」。第1番は、全6楽章、50分を超える大曲。始まってから40分ほど経過、最後の楽章になってメゾ・ソプラノとテノールの独唱が入り、最後の5分間だけ、100人を超す大合唱が加わる。「プロメテウス」は本格的な色光ピアノによる演出付き。2月25日に会場で演奏に立ち会ったから、録画は、展覧会で実物の絵を見るのと画集を見るのくらいに違っているけれど、客席に座っていたときの気分はありありと甦ってくる。

「ブーレーズによるバルトーク『管弦楽の協奏曲』のリハーサル」という番組があったので見る。ブーレーズはどんなリハーサルをするのか興味があるけれど、細かく指示をしているような場面があまり映し出されないのは、番組の作り方のせいなのか、それともブーレーズが実はあまり細かい指示を出さないからなのか。リハーサルを見るという楽しみは、あまり満たされない。すっきりとキレ味の良い演奏の一端は楽しめるけれど、全曲演奏ではないからあくまでも一端に過ぎない。何となく中途半端。

« つぶやき | トップページ | カフエエ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189419/11877666

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ:

« つぶやき | トップページ | カフエエ »