フォト

-天気予報コム-
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

友人のページ

こんなページを見つけました。

無料ブログはココログ

« キャッチャー・イン・ザ・ライ(ライ麦畑でつかまえて) | トップページ | 図書館の展示 »

2006年4月 9日 (日)

誰か知ってますか?

先週のみちのくは寒かったなぁ・・・みぞれとか雪とか降ってきた。マジですか・・・?って目を疑ったもの・・・。
でも、木曜日には、若竹の焼き物や山菜の天ぷらをいただきました。あ、それから丸キャベツも!美味しかった。

今日、神奈川の甘木スーパーで見たら、ふきのとうとたらの芽、10個くらい入ったパックがそれぞれ580円(!)で売られていました。東北の人が聞いたら、呆れかえるだろうな。

二重生活も長いけれど、4月が一番コタエます。冬は、雪に閉じ込められたり道路が凍ったりするのは×だけど、寒いのはどこでも同じだから、それほどギャップはない。真夏はもちろんみちのくの方が過ごしやすい。
しかし4月は、関東では春なのに、みちのくはまだまだ冬の終わり。日差しはそれなりに明るいから、薄着で出かけたいのに、そうはいかない。それに、大学は3月31日をもって暖房が止まってしまう。だから、研究室ではずっとストーブを焚いている。4月は、一年で一番灯油を消費する。

みちのくの晩冬の寒さを逃れて、神奈川の自宅付近での写真を。

モクレン。

04091

で、このモクレンの後ろにも写っているのですが、この植木、何という樹木だかご存知の方いらっしゃいませんか?春が進むにつれて、葉が紅葉したみたいに燃えるように赤くなっていきます。

04092

この樹木の名前をご存知でしたら、教えてください!何しろ、私は樹木、草花の名前について全然無知なのです。

« キャッチャー・イン・ザ・ライ(ライ麦畑でつかまえて) | トップページ | 図書館の展示 »

コメント

あの植木、私もよく見かけるので気になってました。で、調べてみたら「西洋紅かなめ」あるいは「西洋紅かなめもち」別名「レッドロビン」というそうです。バラ科の木だそうです。おかげで、ひとつ疑問が解け物知りになりました(笑)

訂正。「西洋紅かなめ」と書きましたが。かなめもち科というのがあるようなので、「西洋紅かなめもち」が正式名称のようです。

マキさん、こんにちは!「レッドロビン」・・・そうなんだね!知りませんでした。ネットで見てみたら、確かにそうですね。ありがとうございます!
・・・ということは、この「西洋紅かなめもち」、南国土佐にもあるんですね?

先生、これたぶんうちの垣根に生えてるやつです(笑)
家建てたときに寒さや暑さに強いからって植えたような……

トモさん、どーもです。そうなんだ、トモさんのお宅にもね。昨日マキさんが教えてくれてからネットで調べてみたら、結構出てきました。育ちが早いしきれいなので、生垣や住宅の目隠しに適しているんだそうです。若葉が赤くて、時間が経つと緑になるのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189419/11877700

この記事へのトラックバック一覧です: 誰か知ってますか?:

« キャッチャー・イン・ザ・ライ(ライ麦畑でつかまえて) | トップページ | 図書館の展示 »