フォト

-天気予報コム-
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

友人のページ

こんなページを見つけました。

無料ブログはココログ

« ナビスコカップ Aグループ予選 | トップページ | 盛岡へ(2) »

2006年5月17日 (水)

盛岡へ(1)

とても珍しいことに、午後がオフになったので夕方から盛岡へ出かける。
まずは駅近くの「じゃじゃ麺」屋さんへ直行。

0517

盛岡で冷麺は食べているが、「じゃじゃ麺」は実は初めてなのだ。ゆで時間10分くらいかかります・・・とあらかじめ言われる。熱いうどんの上にキュウリとネギ、肉味噌がのって生姜が添えられている。いたってシンプル。テーブルにある、おろしニンニク、酢、ラー油などを好みで加えてまぜて食べる。中華麺じゃないんですね。知らなかった!まさに想像どおりの味。想像どおりでつまらない・・・という意味ではなくて、つまり裏切られないということだ。
さらに、食べ終わったら、やはりテーブルにある卵を割り入れて「ちーたん、お願いします」と言う。80円追加で、熱いスープを入れてくれて、肉味噌、塩、胡椒などで味を調えて卵スープ。この食べ終わった皿の上でそれを作ることにどのくらいの意味があるのかよくわからないのだが、とりあえず美味しい。そして、とても身体が暖かくなった。しかも安い。追加を入れて600円くらい。
「じゃじゃ麺」は「炒醤麺(ジャージャーメン)」の、「ちーたん」は「鶏卵湯(チータンタン)」の日本風アレンジ。どうということはないのだけれど、これはハマるかも知れない。

« ナビスコカップ Aグループ予選 | トップページ | 盛岡へ(2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189419/11877738

この記事へのトラックバック一覧です: 盛岡へ(1):

« ナビスコカップ Aグループ予選 | トップページ | 盛岡へ(2) »