フォト

-天気予報コム-
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

友人のページ

こんなページを見つけました。

無料ブログはココログ

« 講演、旧交、そしてサプライズな一日 | トップページ | な、な、なんてことをするんだぁ~! »

2006年7月 3日 (月)

私は見た!

一夜明けて、実家で。

私の父親は1920年だから今年86歳になる計算だが、ありがたいことにまだボケる様子がない。
朝、食事の後でとりとめもなくしゃべっているうちに、ひょんなことから芥川也寸志氏のことがきっかけとなって・・・

父「芥川・・・也寸志は作曲家だな。早く亡くなって惜しいことした。お兄さんが比呂志か。シェイクスピアだな。ハムレットの舞台見たよ。」

私「ほほぉ~・・・」

芥川龍之介の長男、歴史的な名優にして演出家。私は、晩年の演出作品しか見ていない。

父「見たと言えば・・・きたむら・・・きたむらろくろうね!」

喜多村緑郎は新派の役者なのである。私は、名前しか知らない。
もっとも、若い人には、そもそも「新派」とは何か、解説が必要かも知れないが。

父「見たねぇ。何だったかな・・・・・・・・・・そうそう、残菊物語!」

私「うへぇ、すごいな、ぼくが見たことあるのは花菱アチャコくらいなものだ。」

父「あははは、花菱アチャコは、大阪の花月でぼくも見たよ。」

花菱アチャコだって説明が必要だろう。昔の漫才師。横山エンタツとコンビで、現代に繋がる漫才のスタイルを築いた人。
しかし、花菱アチャコを見たことがあると自慢する息子って、どうよ。

父「昔、東京のNHKが内幸町にあってね。そこで、シロ・・・っていう人を聴いたな。」

私「シロタ?」

父「そうそう!シロタ。それから安藤幸が和服でバイオリン弾いてござった」

念のため書き添える。「ござった」とか言っているが、私の父はお侍ではない。名古屋弁なのである。「弾いておられた」というほど丁寧ではないが、少しだけ相手を立てた言い回しだ。単に「弾いていた」ならば「弾いとった」になる。
レオ・シロタは、ウクライナ生まれのユダヤ人ピアニスト。東京音楽学校教授として、園田高弘氏をはじめとするたくさんの後進を育てた。
それにしても、この親父、少なくとも当時は、特に音楽好きっていうほどでもなかったろうに、よくそんな機会があったものだね。

父「見たと言ったら、ベイブルース!」

うわっ!何言い出すんだ、この爺イ!

私「ベイブルース!?日本で?」

父「うん、鳴海球場。日本のチームとやったんだ。そっち・・・って指さして、そっちへバーンって打ってまう。てんで歯がたてせん。日本の選手は遊ばれとる。あの頃の日本の野球は今の日本サッカーくらいなもんだ。」

あ痛痛痛っ・・・!半年ほど前に、私が実家のテレビでサッカー中継を見ていたら、サッカーはルールがわからんなとか、オフサイドっていうのはどういうふうだ?とかいろいろ尋ねてくるので、適当に説明して、要するにゴールへボールを入れればいいんだと答えたら、ふうんと言って、食い入るように見はじめた。しばらくすると、おぉ、青い方が元気になってきたねなどと言う。あぁ、さっき青い方が点を入れたからね。膠着状態だった試合は、「青い方」が点を入れて、にわかに動きが良くなっていた。それ以来、サッカーをそれなりに理解したらしい。ワールドカップで世界のチーム見とると、日本はまだまだかなわん・・・などと、きいたふうなことを言う。

父「ベイブルースの親善試合は1円50銭だった。」

1円50銭とは、結構高いんではないか?やっぱり特別なイベントだったのである。そんな頃に、1円50銭もするチケットをゲットしたわけだから、かなりな「ええとこのぼんぼん」だったと思われる。
しっかし、いろんなことよく覚えてるなぁ・・・。

自他共に認める無趣味な町医者、酒もタバコもやらず、2キロくらい離れた職場へ行って、仕事が済むとさっさとまっすぐ帰ってくるようなカタブツだが、長く生きていると、それなりにいろいろなところに立ち会うものらしい。
それにしても、演劇にも音楽にも、そしてスポーツにも特別詳しいわけでもないのに、突然こんなことを言い出す親父のとりとめのなさを、50年以上も付き合っていながら、私は未だに理解できていないである。

0703

おまけの写真。
みそかつというものを、ものすごく久しぶりに食べた。お店で食べたのは、たぶん高校生以来だろう。
見た目ほど、味噌たれはしつこくなくて、意外と美味しかった。一味と七味の唐辛子が置いてあるが、一味の方が良く合うようだ。この店は、みそかつで有名になった店で、昼時だったこともあるけれど、とても活気があって勢いが感じられ、何となく楽しい。お客は職場から出てきたふうな人々が多かったけれど、セーラー服姿の女子高生が二人で食べていた。仙台の女子高生が、学校帰りに牛タン屋へ入るのは想像できにくいが、この地方でみそかつは、それほどまでに誰にでも親しめる食文化なのかも知れない。

« 講演、旧交、そしてサプライズな一日 | トップページ | な、な、なんてことをするんだぁ~! »

コメント

私は名古屋の食べ物では手羽先が好きです。小さかった頃、まだ珍しかった(?少なくとも仙台では)手羽先を父に連れられて食べに行った記憶があります。うちの家族はみんな好きなので、比較的よく食べます。まだおつまみにしたことはありませんが、絶対ビールに合いますよね。

お体の方はどうですか?早く調子が戻ると良いですね。お大事にしてください。

手羽先ねぇ、そう言えば最近食べないなぁ・・・。あれって、名古屋の食べ物なの?仙台にも手羽先専門(?)の名古屋料理店がありますね。今度行こうか。

うおぉ、先生、大学生をデートに誘ってしまいましたね!?

ん?デート?・・・あは♪・・・お嬢さん、おじさんと一緒に手羽先食べに行きませんか・・・ってか(爆)。っていうか、ズケランが言いたいのは、オレも連れてけってことだろ?

はは♪じゃあ皆で行きましょう!
手羽先は、あっちこっちで食べられると思いますが、有名店は名古屋発ですよね。

一番町に気になる名前の店があるんですよね。そのうち行きましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189419/11877775

この記事へのトラックバック一覧です: 私は見た!:

« 講演、旧交、そしてサプライズな一日 | トップページ | な、な、なんてことをするんだぁ~! »