フォト

-天気予報コム-
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

友人のページ

こんなページを見つけました。

無料ブログはココログ

« 「風神雷神図屏風」 | トップページ | こどもたちへ メッセージ2006 »

2006年9月27日 (水)

「モダン・パラダイス」

0926_2

9月26日、美術館ハシゴの二つ目は、東京国立近代美術館で「モダン・パラダイス」展。 大原美術館と東京国立近代美術館の収蔵作品を、5つのテーマのもとに整理して「モダン・パラダイス~東西名画の饗宴」として展示している。5つのテーマとは「光あれ」「まさぐる手・もだえる空間」「心のかたち」「夢かうつつか」「楽園へ」。

とにかくいろいろな作家の作品にふれることのできる展覧会である。第1の部屋に入ると、いきなりモネの「睡蓮」と菱田春草「四季山水」が並んでいて、進んでいくと、マチス、安井曾太郎、スーラ、ピサロ、シニャック、デ・クーニング、フォンターナ、瀧口修造、アンリ・ミショー、高村光太郎、ココシュカ、青木繁、岸田劉生、モロー、キリコ、ピカソ、靉光、ミロ、エルンスト、富岡鉄斎、カンディンスキー、棟方志功、ゴーギャン、ルノワール、土田麦僊、ゴーギャン、萬鉄五郎、丸木位里・・・といった人たちの作品が次々と現われる。石元泰博やサルガド、東松照明らによる写真もあるし、津上みゆきによる2005年制作という新しい作品もある。時代別でも国別でもスタイル別でもない配列だから、具象も抽象も入り混じっている。

夭折した画家・関根正二の代表作「信仰のかなしみ」や、中村彝「頭蓋骨を持てる自画像」、古賀春江「深海の風景」、国吉康雄「跳び上がろうとする頭のない馬」などは、昨年宮城県美術館での「大原美術館展」で強い印象を受けた作品だ。1年あまりで再会することになるとは思わなかった。藤田嗣治の戦争記録画「血戦ガダルカナル」(1944)には、2604という数字が書き込まれている。もちろん「皇紀」である。

一人の作家や一つのテーマで括られた展覧会ではないから、じっと一つのことを考えさせるものではない。単に通り過ぎれば総花的、ごった煮に思えるかも知れないが、モネ「睡蓮」(c.1906)を出発点として、20世紀を生きた美術作家たちのさまざまな苦闘の足跡を振り返る壮大なアンソロジーとなっている。「苦闘の足跡」と書いたが、20世紀の優れた美術作品からは、必ずといっていいほど作者の苦悩の呻き声が聞こえてくるように思うからだ。

東京国立近代美術館では、昨年3月のゴッホ展で、入場するまで1時間半行列させられた。今回は有名作家の個展ではないためか場内はそれほど混雑していないから、ゆったりした気分で観ることができる。そして、そんな会場のひと隅に、人が群がっているでもなく、さりげなくモローの「雅歌」が宝石のように輝いているのを見つけたりするのは嬉しい。

東京国立近代美術館→http://www.momat.go.jp/index.html

« 「風神雷神図屏風」 | トップページ | こどもたちへ メッセージ2006 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189419/12058996

この記事へのトラックバック一覧です: 「モダン・パラダイス」:

» 東京国立近代美術館 モダンパラダイス [よしぴーちゃんタイムゾーン]
東京国立近代美術館では8月15日から10月15日まで「モダンパラダイス 大原美術館 東京国立近代美術館−東西名画の饗宴」をやっている。実は見に行ったのは8月18日くらいだったはずだが、すっかり書くのを忘れていた。今更のように思い出しているのはそれなりの理由はあるのだが。 大原美術館と東京国立近代美術館。西と東にあって、対照的な活動を繰り広げてきた二つの美術館が、この夏はじめて出会います。(東京国立近代美術館HPより)というコンセプトの元に(岡山の)大原美術館所蔵の作品と東京国立近代美術館所蔵の作品... [続きを読む]

« 「風神雷神図屏風」 | トップページ | こどもたちへ メッセージ2006 »