フォト

-天気予報コム-
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

友人のページ

こんなページを見つけました。

無料ブログはココログ

« プチ修学旅行(1) | トップページ | 定禅寺ストリートジャズフェスティバル »

2006年9月 9日 (土)

プチ修学旅行(2)

オルゴール博物館は、私の好きなスポットだ。
09096
「オルゴール」と言っても、紙や金属の円盤に開けた穴を読み取っていくものや、シリンダーについた細かい突起を櫛のような歯で引っかけていくものなどさまざまだが、そういったいわゆるミュージカルボックスだけではなく、ストリートオルガンや歴史的な自動演奏オルガンも展示してある。古くは、19世紀後半のものもある。そして嬉しいのは、それらの「展示物」多くが、死蔵されているのではなく、現役で音を出しているということだ。写真撮影もご自由にとのこと。赤いのは1950年代スペインのバレルピアノ。いかにもスペインらしい賑やかで華やかな音がする。

1948年ベルギー製のジャズダンスオルガン。
09097

同じく、1950年代ベルギーのジャズダンスオルガン。空気を入れると左右のアコーディオンの蛇腹が動き、中央下のドラムセットもリズムを刻む。
09098

09099

奥にあるのは、1920年代ベルギーのダンスオルガン。係りの人が説明しながら、いろいろな自動オルガンを実際に演奏してくれる。古き良きヨーロッパ庶民の元気な音楽が、ノスタルジーとともにホールに響き渡る。

おまけのワンポイントガイド。
学生くんたちが、ここだけは絶対に行きましょう!と言って連れて行ってくれたジェラートアイス屋さん、ポポロ。とても美味しかった。藤田喬平ガラス美術館のすぐそば。水曜定休。

« プチ修学旅行(1) | トップページ | 定禅寺ストリートジャズフェスティバル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189419/14175657

この記事へのトラックバック一覧です: プチ修学旅行(2):

« プチ修学旅行(1) | トップページ | 定禅寺ストリートジャズフェスティバル »