フォト

-天気予報コム-
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

友人のページ

こんなページを見つけました。

無料ブログはココログ

« 「曽根崎心中」 | トップページ | 秋晴れの日 »

2006年10月18日 (水)

研究発表会

卒業生のJさんが、かねてからバッハ「平均率クラヴィーア曲集・第一巻」を勉強する集まりに加わっていて、初めて研究発表会をするから来ないかと誘ってくれたので行ってみた。

仙台在住のピアニストTさんを中心に進めている研究会。今日は、1番から4番までのプレリュードとフーガ。楽曲分析の結果を若い4人が交代で発表し演奏する。休憩をはさんで、Tさんがこれらの曲を演奏するミニコンサート。

初めてのことで不慣れな部分もあっただろう。曲を理解していることとプレゼンテーションすることは違う。内容の詰まった曲だから、短時間に丁寧にギャラリーに分かるよう解説するのは難しい。また、説明の中身にも腑に落ちないところがあったりもしたが、若い人たちが、こんなふうに勉強して発表会までしていこうというのはとても良いことだと思う。

そう、この街で音楽をやる人たちは、かなり真面目で勉強好きだ(痛い?)。それも、卒業してから勉強の必要性をひしひし感じる場合が多いらしい(痛タタタタ?)。

だが卒業しているということは、何らかの仕事をしているわけで、時間を自由に使えるわけではない(痛すぎ?)。だから、続けていくことだけでも苦労するだろう。

次回は来年2月の予定とのこと。全部で24曲だから、4曲ずつで6回。先は長いがぜひ完走してほしいものだと思う。

« 「曽根崎心中」 | トップページ | 秋晴れの日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189419/12335281

この記事へのトラックバック一覧です: 研究発表会:

« 「曽根崎心中」 | トップページ | 秋晴れの日 »