フォト

-天気予報コム-
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

友人のページ

こんなページを見つけました。

無料ブログはココログ

« あ~ぁ・・・ | トップページ | 芋煮る人々 »

2006年10月 6日 (金)

お部屋で芋煮

9月14日の記事に書きましたが、東北には「芋煮会」という楽しみがあります。仙台では、秋の晴れた日の昼間、広瀬川の河原などで薪で火を焚いて、昔懐かしいアルマイトの鍋で芋煮をしてみんなで食べます。もちろんお酒を飲む場合もあるし、同時にバーベキューをするグループもあります。

1006 大学の同僚O先生は、毎年大学院生さんたちとともに芋煮会を主催していて、今年もお相伴にあずかりました。でも、折からの台風崩れの熱帯低気圧に秋雨前線が刺激されて、今日の仙台は大雨。材料を用意してあるので順延もできないということで、お部屋で芋煮ということになりました。

「仙台風」は豚肉で味噌味。つまり一般的に言う豚汁です。今日の「仙台風」には豆腐、ネギ、ニンジン、こんにゃくなどの他にイクラも入っています。

けれどもある年、山形出身の学生さんが「こんなの芋煮じゃない!」と主張したため、「山形風」も一緒に作る習慣ができたようです。「山形風」は牛肉で醤油味。 1006_1 「仙台風」「山形風」どちらも、とにかく里芋が美味しいのです。

天気の良い日の河原だと5杯とか6杯とかたいらげてしまいます。でも、さすがに室内だとそんなには食べられません。椅子に座ってゆっくり食べられるから、それはそれで良いけれど。秋田風は鶏肉と聞いたことがあります。比内鶏の産地ですからね。岩手では「芋の子汁」と言います。青森と福島はどんななんだろう・・・。長い冬を迎える前の、北の国のひとときの楽しみです。

« あ~ぁ・・・ | トップページ | 芋煮る人々 »

コメント

そうなんです。岩手では芋の子汁なんです。うちでは毎年父親がとって来たしめじをいれて醤油仕立てで食べてました。なんか、やっぱりうちで食べるのが一番美味しく感じます。

あぁ~、しめじか、それもいいなぁ。岩手は醤油なんですね?

室内でやるとまったりモードで、それはそれでいいですよね。来年の開催はあるんですかねぇ。。

多分、醤油です。それに鶏肉がはいります。うちがスタンダードかどうかはわからないですが・・・。岩手だと皆で集まって芋煮、というのはないのです。なんとなく気質を反映しているようにも思えます。
ちなみにお雑煮だとこれにいくらと、にんじん、大根の千切り、いくらと三つ葉、もちが加わります(うちでは)。シンプルだけどおいしいです。

こぢゅさん、お世話になりました。とても美味しかったです!来年も続けられるといいねぇ・・・。

なるほど、Kすけ君のところは醤油で鶏肉なんですね。そうか、お雑煮はそのバリエーションっていうわけか・・・。お雑煮の話は、またその時期になったら、みなさんのお宅はどんななのか伺いたいですね。

岩手は集まりませんか?でも、昔、遠野で春に「せざっこ食い」(瀬雑魚?)というのに何度も連れていってもらいました。あれは遠野だけの習慣なのかな?

多分、そうだと思います。

ちょうど今帰省中なので、遠野に単身赴任経験のある父に「セザッコグイってしってる?」と聞いたところ、知っているとの返事でした。遠野のイヴェントだそうです。

K「そういうことするってことはサ、遠野の人って社交的なの?」
父「いや・・・」

なので、そういうことなのだと思います。嗚々、岩手人気質。

・・・八日の記事を見たので、ちょっとふぉるむを気にしてみました。がんばった・・・。

そうなのかなぁ。ぼくの知っている岩手人、特に遠野人はうるさいくらい遊びに誘ってくれましたが。今は昔の話かも知れないけれど。でも、社交的かどうかはともかく、岩手人はとても誠実だという印象がありますよ。

岩手に関わった方にそういうふうに言って頂けるとうれしいです。 なんか、先生の思い出に水をさしてしまったようで、申し訳ありませんでした…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189419/12176545

この記事へのトラックバック一覧です: お部屋で芋煮:

« あ~ぁ・・・ | トップページ | 芋煮る人々 »