フォト

-天気予報コム-
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

友人のページ

こんなページを見つけました。

無料ブログはココログ

« 学年演奏会 | トップページ | ルノー&ゴーティエ・カプソン ヴァイオリン&チェロ・デュオ・コンサート »

2006年10月26日 (木)

実習校訪問

私の研究室で卒論を書こうとしている4年生のKさんが、仙台市内の中学校に教育実習に行っている。今日は研究授業だったので、授業をひとつお休みにさせてもらって参観に出かけた。1年に2度くらいこういった機会があるので、私たちは分担して実習校を訪問するのである。そして、校長先生や教科の先生にご挨拶し、懇談することも大きな目的だ。

Kさんの授業は、一生懸命準備して取り組んでいることがよく伝わるものだった。もちろん課題はいろいろあるけれども、これからの経験が解決してくれるだろうと思う。

子どもの自殺やいじめが社会問題になっているから、惨憺たることが学校現場で起きているように思われがちだが、中学生たちはプロジェクタに映し出された尾瀬の美しい風景に素直に見入っていたし、「夏の思い出」を上手に歌っている。授業が終わると給食当番の子たちは元気に準備室へすっとんでいく、ごくごく普通の学校風景だ。

広い世間、中にはエキセントリックな教諭もいるのかも知れない。だが、ほとんどの先生方は誠実に教育にあたっておられるのだ。そして、中にはエキセントリックな保護者がいて、現場に無用な波乱を巻き起こしているのもまた日常茶飯事なのである。

だが、それにもまして深刻なのは、泥沼化する高校の履修不足問題で、責任のなすりあいを始めそうな気配の教育行政だ。行政というものは、何か問題が起こっても、誰も責任を取らなくて良いようになっている。

Kさんがお世話になっている中学校は市内中心部にほど近く、60年の歴史がある。だが、ご多分にもれず少子化でクラス数が減っているために、隣接校との統合が検討されているという。そうなれば、さらに先生の数は減らされる。子ども一人一人に対する細やかな眼差しが求められていることとは逆方向の政策になると、誰も考えないのだろうか。

安易な合理化で真っ先に犠牲になるのが教育の現場であり、そこに集う子どもたちだということをきちんと言える政治家はいないのか。思慮のないままに勝手な教育論を展開して、立場の弱い者(管理体制において、より下のレベル)に責任をなすりつけようとする発言、子どもをめぐる問題は大人社会の歪みの鏡だという自省の視点を持たない報道や高官の発言を聞くたびに、暗澹たる気分になる。

クソ審判は試合から外すべきであるのと同じように、エキセントリックなだけの教諭には当然対策を取る必要はあろう。だが、子どもたちの笑顔を絶対に守らなければならないように、現場の先生方の誠実で穏やかな雰囲気をもまた、私たち市民は愚策から守ろうとしなければいけないのではないか。

« 学年演奏会 | トップページ | ルノー&ゴーティエ・カプソン ヴァイオリン&チェロ・デュオ・コンサート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189419/12444327

この記事へのトラックバック一覧です: 実習校訪問:

« 学年演奏会 | トップページ | ルノー&ゴーティエ・カプソン ヴァイオリン&チェロ・デュオ・コンサート »