フォト

-天気予報コム-
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

友人のページ

こんなページを見つけました。

無料ブログはココログ

« 珍しいお客さまたち | トップページ | 「下駄で歩いた巴里」 »

2006年11月12日 (日)

AOI・レジデンス・クヮルテット

1112 先月に引き続いて静岡へ。静岡音楽館AOIで、AOI・レジデンス・クヮルテットを聴くためだ。

10月16日の記事にも書いたように、このコンサートもプログラムノートを書いていて、またAOI通信という情報誌にこのコンサートのレヴューを書くことになっている。曲目は、ストラヴィンスキー:「コンチェルティーノ」、フォーレ:弦楽四重奏曲、そしてシューマン:弦楽四重奏曲第3番。

レヴューを書くので、聴きながら考えたことをここに詳しく書くのは控えておくが、とてもバランスの良いプログラミング、そして集中度の高いすばらしい演奏だったことは書き留めておこう。とりわけフォーレ78歳の絶筆は、音楽とはこのようなことまで語ることができるものなのかと、改めて考えさせられる。シューベルト「弦楽五重奏曲」のアダージォなどと並んで、この世に遺された特別な作品であり、それを見事に体現した演奏だったと思う。

静岡音楽館AOIでのコンサートには、これまで何度も聴きに行っているけれど、いつも充実した思いに満たされる。静岡まで行くのは時間も交通費もかかるけれど、出かけていった甲斐のあるものばかりだ。芸術監督の確かな目と耳が、主催公演の内容を厳選しているからだろう。

11122 おまけの写真。三島を過ぎたあたり。秋晴れの空の中に、富士山が見事な姿を現した。

« 珍しいお客さまたち | トップページ | 「下駄で歩いた巴里」 »

コメント

富士山って本当に綺麗ですよね。

富士山は、やっぱり秋~冬がきれいですね。雪をかぶった形が良いし。空気が澄んでいるので、新幹線の車窓からでもはっきり見ることができます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189419/12665734

この記事へのトラックバック一覧です: AOI・レジデンス・クヮルテット:

« 珍しいお客さまたち | トップページ | 「下駄で歩いた巴里」 »