フォト

-天気予報コム-
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

友人のページ

こんなページを見つけました。

無料ブログはココログ

« 合唱祭 | トップページ | 秋の青葉山便り(2) »

2006年11月 2日 (木)

秋の青葉山便り(1)

1102 大学は、仙台駅から車で20分ほど、仙台市街からは約2km、街からもっとも近い「山」である青葉山を上った自然の中にある。青葉山の最高点の標高は202mとのこと。構内は、すっかり晩秋の気配である。

1102_1 今日は、附属小学校の1年生143名が、「校外学習」として大学へやってきたので、あちらこちらに子どもたちの元気な声が響いている。引率の先生とボランティアの学生さんに連れられて、構内を「探検」している。

1102_2 生活科のO先生が、巨大なカボチャを解体しておられた。巨大なカボチャについては10月19日の記事にも書いている。これは、アメリカなどで家畜の飼料用に栽培されるカボチャなのだそうだ。「ウチの学生が育ててもこれくらいの大きさになりますが、大きいものは300kgにもなるんですよ」とO先生。解体してどうするかといえば、種を集めているのである。種も大きくて、柿の種(あられではなくて果実の)を平たく延ばしたような大きさだった。1102_3

こんな銀杏の木の列もある。黄緑色から黄色へと、グラデーションになって紅葉しているのだ。やがて、すべてが鮮やかな黄色になるけれど。

« 合唱祭 | トップページ | 秋の青葉山便り(2) »

コメント

こんなちっちゃい仔猫がいるんですね。かわいい~☆高校の先生方の間でも、○教(宗教みたい・・・)の猫たちはなぜか有名みたいでした。
先生自分でつっこんだら痛いですよ(笑)

なんで一助(牛タン屋みたい・・・)の先生方が○教の猫のことを知っているんだろう。そんなに名物?
食堂のおばさんと書いたけれど、正確には「喫茶」のおばさん。ほ乳瓶で牛乳をあげたりしていました。

こんにちは。小生の師匠は熊観察を18年間続けています。
http://www.yokotaworld.com/

貴重な写真や動画がたくさんあるページですね。興味深く拝見しました。

きっきぃさん、師匠のHPご覧下さりありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189419/12525669

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の青葉山便り(1):

« 合唱祭 | トップページ | 秋の青葉山便り(2) »