フォト

-天気予報コム-
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

友人のページ

こんなページを見つけました。

無料ブログはココログ

« 秋の青葉山便り(1) | トップページ | 15秒CM(1) »

2006年11月 2日 (木)

秋の青葉山便り(2)

そんな自然の恩寵を受けて私たちは生活しているわけだが、10月の中旬、パソコンにこんな学内メールが届く。

「スズメバチについては、この10月一杯が最も危険な時期であり、先日も構内において放置された木製物品に蜂が巣を作ったため、近づいた方が刺される被害が報告されました。つきましては、巣を発見された場合、もしくは巣と思われる箇所を発見された場合には、いたずらに近づいたり、振動を与える等の危険な行為を行わないよう留意され、速やかに以下の連絡先までお知らせください。(以下略)」

某先生が刺されたそうだ。幸い大事に至らなくて良かった。そうこうしているうちに、10月下旬にはこんなメールが来た。

「本日、青葉保健所より以下のような情報提供がありましたのでお知らせいたします。
本学校内に自生するキノコを採取し食した一般の方が、具合が悪くなり病院に入院した。キノコは、ボイラー室付近に自生していた『ツチスギタケ』というキノコで、毒性があるものとないものとがあるが、一般には毒キノコとして扱われている。また、具合が悪くなった原因がこのキノコによるものなのか現段階では特定できないが、キノコの知識のない者が、このキノコを含めて、むやみに採取し食さないよう注意願います。」

うーむ、時々一般の人が入って、山菜やキノコを採ってるもんなぁ。いろいろなことがあるねと言っていると、次はとうとう・・・。

「本日、午後4時頃、仙台市青葉区川内三十人町のアパート付近で、小熊の目撃情報が仙台市に寄せられました。その後、仙台中央署の話しでは、小熊は東北大学理学部方面へ逃げたとのこと。日没と共に、本日の捜索は終了し、当面、様子をみるとのことでした。」

きゃ~、通勤路じゃないか!車だから平気だけど。そして、学内には「熊出没注意」の警告書が貼られた。よくこういうステッカーを付けている車があるけれど、シャレにならないよ。

そして、その続報・・・。

・10月30日 夕方   小熊が一頭東北大学理学部方面に逃走
・10月31日 8時頃 八木山南3丁目の住宅の庭で小熊1頭を捕獲
・10月31日 21時頃 霊屋の住宅地で熊3頭を目撃
・11月 1日 朝     米ヶ袋で小熊1頭を捕獲
上記のことから、まだ親熊が捕まっていないため、小熊を探している親熊が付近をうろついている可能性があります。宮城県環境生活部自然保護課野生生物保護班も、HPで今年度県内ではツキノワグマの出没情報が過去最高となっているため、注意を呼びかけています。

ここに出てくる地名は、みんな住宅地だ。今年は宮城県に限らずあちこちで、熊が里にさまよい出てきているらしい。卒業生Sさんの岩手の実家では、おじいちゃんがうろうろしていた子熊を捕まえてしまったそうだ。おじいちゃんてば、そんな無茶しないで!

1102_4 これはもちろん熊ではない。構内で生まれた(らしい)仔猫。食堂のおばさんが世話をしている。まだちっこくて、枯葉と同じくらいの大きさだ。11022

« 秋の青葉山便り(1) | トップページ | 15秒CM(1) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189419/14175704

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の青葉山便り(2):

« 秋の青葉山便り(1) | トップページ | 15秒CM(1) »