フォト

-天気予報コム-
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

友人のページ

こんなページを見つけました。

無料ブログはココログ

« 「寺嶋陸也ピアノリサイタル」を聴く | トップページ | 卒業式 »

2007年3月21日 (水)

ACL チャンピオンズリーグ第2節

Acl2_1 アジアのクラブチーム・チャンピオンを決めるACL、日本からは浦和レッズと川崎フロンターレが出場している。

今日はバンコク・ユニバーシティを相手に、フロンターレのホームで予選リーグ第2節があったので、久しぶりに等々力へ行ってきた。

Acl1_1 大学のチーム?と思ったけれど、名前こそユニバーシティだが、大学生と社会人が混ざったチームで、このグループの中では難敵と評判の全南(韓国)と引き分けているのだから、なかなか侮れない。

ドン引きで守って隙あらばカウンターという相手の戦術に、フロンターレは大苦戦。前半の早い時間帯に先制されてしまった。17分くらいからボールは回るようになったけれど、シュートはことごとく浮いてしまう。

相手は攻守の切り替えが速い。背が高い選手はあまりいないが、何人かはものすごく足が速い。ゴールキーパーもファインセーブを連発。

後半は、フロンターレらしい猛攻撃のシーンも何度かあったけれど、結局相手のオウンゴールだけで、1-1のドロー。向こうは退場者もいたのに、明らかに格下なのに勝てなかったから、サポーターも欲求不満。このチームではあまりないことだが、終了後には、選手に向かってフロンターレ・サポーターからブーイングも飛んだ。

しかし、往々にしてそういうことあるんだよね、サッカーって。強いチームが絶対勝つとは限らない。だから、モチベーションということが言われる。前半に関しては、バンコクチームの方がモチベーション高かったと思う。

Acl4そんな中で、中村憲剛選手はとても良かった。縦横に走り回って、ひとりで必死に試合を組み立てていた。少し遅れてサポーターゾーンに挨拶(勝てなくてごめんなさい・・・という謝罪のお辞儀だった)に来た憲剛選手には大きな拍手。ブーイングはない。愛されているんだよなぁ。

昨年はリーグ2位という成績、ケンゴやガナや川島が日本代表に呼ばれるようにもなって、フロンターレの知名度は上がっただろう。観客も増えたと思う。帰りがけ、等々力緑地の中に、こんなオブジェがあるのを発見。リーグ準優勝を記念したもの。Acl3_1

わたし的には、準優勝は上出来と思っているけれど、これからのリーグ戦も、スピードに乗り流れるように上がってシュートを放つフロンターレの攻撃サッカーを見せてほしいなと思う。

Acl5

« 「寺嶋陸也ピアノリサイタル」を聴く | トップページ | 卒業式 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189419/14345578

この記事へのトラックバック一覧です: ACL チャンピオンズリーグ第2節:

« 「寺嶋陸也ピアノリサイタル」を聴く | トップページ | 卒業式 »