フォト

-天気予報コム-
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

友人のページ

こんなページを見つけました。

無料ブログはココログ

« ひつじのえさのやり方 | トップページ | 現音・仙台音楽展Ⅴ »

2007年4月24日 (火)

アサヒビールロビーコンサート「松原勝也の現在」

授業は休ませてもらって、アサヒビールロビーコンサートに行く。東京浅草・アサヒビール本社ロビー

Photo_30 地下鉄浅草駅4番出口を出ると、目の前が吾妻橋。隅田川を渡った対岸に巨大な金色のオブジェが見える。左側の高い建物がアサヒビールの本社ビル。

ここでロビーコンサートが開かれるようになったのは1991年で、もう17年にもなるそうだ。ホームページで過去の記録をめくってみると、私はその年の8月のコンサートのために新作を書いているから、ごく初期の頃から知っていることになる。まだ「企業メセナ」なんていう言葉はなかったのではないかしら。

http://www.asahibeer.co.jp/csr/philanthropy/art-cul/lobby_new.html

さて第101回目のコンサートは、「松原勝也の現在」。松原勝也さんのヴァイオリンを軸に、ピアノの寺嶋陸也さん、ギターの鈴木大介さん、フルートの荒川洋さんとパーカッション奏者として伊佐治直さんが共演。プログラムは、ロルカ採譜による4つのスペイン民謡(伊佐治、林光、寺嶋、吉川和夫編曲)、伊佐治「散歩についての、3つか4つ」、吉川:ヴァイオリンソナタ第3番、後半が高橋悠治「冷たい風吹く地上から」、林「メメント」そしてプーランク:ヴァイオリンソナタ。前半と後半の終わりに「ソナタ」を置くという企画協力者・池田逸子さんの策略。スペインの詩人ロルカが、循環主題のようにプログラムの横糸となっている。

松原さんの演奏は、静岡音楽館などでもずいぶん聴いている。もしかすると、近年最も多く聴いてきたヴァイオリニストかも知れない。だが、作品を演奏していただくのは今回が初めてで、あらためて彼の表現の大きさに感服した。どんな曲も、松原さん自身の視点で捉えられ、彼の「個」としての表現が貫かれている。しかし、だからといって、どれも同じようになるようなことは決してない。ダイナミックにして繊細、そして一見クールに見えながら、火を吹くように熱くなる場面もある。表現の幅がとても大きくて、そういう意味でも寺嶋さんの演奏表現と音楽的に近いから、この二人は最強のアンサンブルだと思う。

1995年に作曲した私の第3ソナタは、8年半ぶりくらいの再演。久しぶりに聴いても、やっぱりずいぶん思い詰めた曲だなぁと思うけれど、阪神淡路大震災の直後に作曲した「震災ソナタ」だから仕方がないだろう。松原さん、寺嶋さんとも渾身の演奏だった。

この5日ほどの間に、プーランクのヴァイオリンソナタを、別のヴァイオリニスト、同じピアニストで聴くという珍しい経験をした(4月20日の記事参照)。「冒頭から終結まで一気に疾走する」と4月20日には書いたが、この日は少し違っていて、確かに疾走しているのだけれど、むしろ様々な要素、例えば次々と現れるシャンソン風なエピソードなどを積み重ねていく多層構造というふうに聴こえて面白かった。その分だけ、銃殺されたロルカの、あるいはそれを悼むプーランクの人生の様々な場面が透けて見えるような気がした。それにしてもこのソナタは、プーランクの作品の中でも傑作だと思うけれど、やはりずいぶん思い詰めているよなぁ・・・。

共演者鈴木大介さん、荒川さん、伊佐治さんも皆、凄腕を持った音楽家たちだから、どのステージもとても充実したコンサートだった。聴衆は300名を超え、会場内は立錐の余地もなかったが、途中で席を立つ人はほとんどいなかったと思う。

« ひつじのえさのやり方 | トップページ | 現音・仙台音楽展Ⅴ »

コメント

先日はお誘いいただきましてありがとうございました。
本当にステキな演奏会で、やっぱり私は
音楽が大好きだなぁって思いました。

打ち上げに参加したかったのに残念です。。
じかいまた何か演奏会があればお声掛けください!

この演奏会は本当に素晴らしかったですネ。きっきぃ先生の作品もものすごいパワーのある曲で、思わず引き込まれました!もちろん演奏の方達の力も大きかったと思いますが..。こんなにスゴイ方達と親しくお話する事ができるなんて、なんて幸せ者なんだろ〜ってかみしめております。
ちなみに20日の演奏会、私たちの制作だったのは打ち上げのブータン料理だけだったのですょ。デカイ顔をして動きまわっていたのでそう思われたかもしれませんが、ただのお手伝いなのでした。またお会いできるのを楽しみにしておりま〜す!!

>のぞみさん
いろんなかたちのコンサートがあるってわかってもらえたらいいなと思ってお誘いしました。近くないのにお仕事帰りに来てくれてありがとう!ゆっくりお話できなくて残念でしたけど、またぜひ来てくださいね~!

>こたろうさん
ありがとうございます!演奏会が素晴らしかったのは、演奏者の皆さんのおかげです。
ブータン料理の「制作」、good job!でした(笑)。でもそれだけじゃなくて、あそこで関わっておられた皆さんは、それぞれすばらしい演奏家でありながら、ああいうコンサートのサポーターをしておられるのが素敵だなぁと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189419/14856651

この記事へのトラックバック一覧です: アサヒビールロビーコンサート「松原勝也の現在」:

« ひつじのえさのやり方 | トップページ | 現音・仙台音楽展Ⅴ »