フォト

-天気予報コム-
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

友人のページ

こんなページを見つけました。

無料ブログはココログ

« やっぱり冬 | トップページ | 三次空間からの感想文集(1) »

2008年1月29日 (火)

ジョバンニはもういろいろなことで胸がいっぱいで

Photo 1月27日、山形の合唱団「じゃがいも」の、初めての仙台公演は無事終わりました。

仙台公演の話が持ち上がったのは、2005年に一緒に作った合唱劇「ポラーノの広場」の頃だったでしょう。あの、ちょっとわけがわからないけど楽しい「ポラーノ」を仙台で紹介できたらいいなぁと思いました。その後、話が急展開して「銀河鉄道の夜」を・・・ということになります。

きっきぃさん、シアターホールは客席が600もあるんだよ、山形側では仙台でそれだけのお客さんを集められる自信ないよ・・・とかいう話をしていたのがウソのよう!

年が明けた頃、すでにチケットがかなり出ている、もうこれからはあんまり売っちゃだめ!・・・という、何とも普通ではあり得ない指令が伝わってきました。

でも、話を聞いていると、こちらもだんだん不安になってきます。数年前に、某演奏団体がチケットを売りすぎて、当日入場をお断りすることになったという話など聞こえてきていましたから。そんな事態は避けなければ。

内輪の方々や、ごく近くなってチケットを買いたいと言ってくださった方々には事情をお話して、当日のリハーサルを観ていただくことにしました。

そして午前11時。リハーサルに立ち会う人数とは思えない、100人近くの方々が来てくださっていました。もちろん、リハーサルといっても、完全に本番と同様にやりました。出来は、本番と比べてもまったく遜色なかったと思います。

そして公演本番。14時30分の開場時間前から長い列ができていて、14時35分には客席が見た目かなり埋まった感じ。この勢いが開演時間まで続いたら・・・と考えるとちょっと恐ろしくなりましたが、溢れることなく、客席はほぼ満員で出発。チケットを買ってくださったお客さまをお帰しするようにことにならなくて、本当に良かった。

そして何よりも、こんなステキなことをやっている人たちがいるということを、仙台の皆さまに知っていただけたのが嬉しいです。そして、東京からもたくさんの方がわざわざ来てくださいました。

いろいろ寄せてくださったご感想や、私自身見聞きしたことなど、追々書きとめておきたいと思っていますが、まずはご来場いただいた皆さまに、厚く御礼申しあげます。

« やっぱり冬 | トップページ | 三次空間からの感想文集(1) »

コメント

仙台公演の大成功、本当におめでとうございます!
他の何よりもこの合唱劇は天国の宮澤賢治さん本人に届いていると思います。
書き出すと長くなりそうなので我慢して3つだけ書きます。
山形では気づきませんでしたが、あれもしかして「おしどりミルクケーキ」ですか?実は密かに大好物なのです。
少年役の男の子・・・後半の「ケーンタウルスつゆーをふらせ」の出だしのソロ、何であんなにぴったりのピッチで入れるの!大感動でした。
未就学児お断りの注意書きがないのをいいことにウチの息子とそのガールフレンド(いずれも幼稚園年長6歳)を連れていきました。途中で飽きるのは目に見えていましたけれど、所々で何度かステージに引き付けられている部分があり、反応が面白かったです。それなりに疲れたらしく帰ってからは無関心を装っていましたが、お風呂につかりながら「ケーンタウルスつゆーをふらせ」と突然歌いだしてママが感動していました。

お疲れ様でした☆
客席が満員だったのはきっきいさまのおかげだと思います☆
たくさんのお客さんの前で歌えて、私もすごく楽しかったです!!ありがとうございました♪
今度の公演でもよろしくお願いします!!

masaさん→きっきいさまよりも先に質問に答えていいのか分かりませんが、あれは「おしどりミルクケーキ」ですよ☆私も大好きです♪(おしどりミルクケーキが名物の高畠に住んでるカムパネルラです 笑)

>masaさん
山形公演に引き続き仙台でも観てくださって、ありがとうございました!今回、仙台から山形へ観に来てくださった私の知る方々は、みんな仙台公演にも来てくださっていました。ありがたいことです。

「ただし」少年役の烈ちゃんの名優ぶりには、みんな舌を巻きましたが、お風呂でケンタウルス祭を突然歌いだすご子息も、なかなか大したものですよ。

そう、それからカムパネルラが言っているように、「おしどりミルクケーキ」だったみたいです(笑)。

>カムパネルラさん
お疲れさまでした!客席が満員だったのはぼくのおかげなんかじゃないよ。メンバーのみんなや応援してくださる皆さんのおかげです。それにしてもカムパネルラは、声も芝居も良かったなぁ・・・。

「おしどりミルクケーキ」って、高畠の名物なの?(笑)あれは、山形でしか売ってないんだよね。
でも、たしか山形公演の時はプリッツかなんかだったのでは?

 終演後御挨拶できずに失礼いたしました。
 ちょっとあとの時間の都合があったもので……。
 とても素晴らしい作品であり公演だと思いました。
 向学心も芝居心も、もちろん音楽ごころも旺盛なひとたちが、一個の汲めども尽きぬ魅力をもったテキストを、きっきいさんの、決して押しつけがましくはないのだけれどしっかり示唆的な音楽の助けを借りつつ、じっくり読み解いてゆく場に、立ち会わさせていただけたとでもいいますか、とにかくとっても自然であり刺激的でもある不思議な時空間を体験することができました。
 けっこう長かったはずなのですが、もっとやってくれというくらい、なんとも楽に時間に流れていましたね。
 実はあの前日のほぼ同時間帯、上野の文化会館でキーロフ歌劇場の「ホヴァンシチーナ」を観ていたのですが、そこで味わった、プロがこれみよがしに構成し演出し尽くし、どうだ参ったかとやる、力業だけれど、どうにもくたびれもする時空間の、あらゆる意味で対極の世界でありました。
 きっきいさんとじゃがいものコラボの、今後のますますの稔りを僭越ながら期待いたしております。

>かたさん
遠方からわざわざ来てくださって、ありがとうございました!コメントも書き込んでいただけて嬉しいです!なるほど、こういうことであったのだなと、自分の音楽のことはともかく、感嘆しながら(?)拝読しました。さすがです。
このコメント欄に隠しておくのはもったいないから、別記事に起こして、そちらに引用させていただきたいと思っています。

そんなおおげさな……。過分なお言葉ありがとうございます。とにかくもしも「再利用」となれば、いちおう誤字を正しておかないと、ということで、

なんとも楽に時間に→なんとも楽に時間が

でございました。失礼いたしました。
今後ともよろしく御願いいたします。

>かたさん

あ、ご丁寧に校正していただいて、ありがとうございます。「再利用」(?)のための準備は少し手間取っていますが、近々アップできたらと思っています。こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱり冬 | トップページ | 三次空間からの感想文集(1) »