フォト

-天気予報コム-
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

友人のページ

こんなページを見つけました。

無料ブログはココログ

« 「ボルヘスの時間」 | トップページ | 春の雨の夜、横浜の洋館で。 »

2008年3月16日 (日)

旧師を囲む

受験から大学を通してお世話になった作曲家の野田暉行先生が、この3月で芸大を定年退任されるとのことで、門下生中心のお祝いの会があった。フォーシーズンズホテル椿山荘。

野田先生は、特にエクリチュールの師匠としては完璧な方で、でもこちらの能力の無さから、いくばくかのものすら受け継がせていただくことができていないなぁと思う。ただ、私が大学教師稼業で、曲がりなりにも和声学なぞを偉そうに長年にわたって担当していられるのは、まぎれもなく先生のおかげなのである。

大学院を修了されてすぐ、1967年に助手として芸大にお勤めになられてから実に40年、芸大一筋。私が、先生のレッスンに通うことを許されたのが1971年ごろのはずだから、もう35年以上も前だ。100名近い関係者がお祝いに駆けつけた会場は、意外にも若い人が多いなぁと思ったのだけれど、計算してみれば、私たちの世代は比較的初期の弟子ということになるのだから当然かも知れない。

Photo 乾杯の音頭を取られた松尾楽器の松尾治樹社長は、最初期のお弟子さんとのことだが、一番最初のお弟子さんは加古隆氏なのだそうだ。門下生の系列、私などは末席もいいところだが、私の上には、新実徳英さん、野平一郎さん、糀場富美子さん、西村朗さんらがおられ、少し下には南聡さん、安良岡章夫さん、国枝春恵さん、徳山美奈子さん、だいぶ若いところでは夏田昌和さんらが活躍している。とりわけ異色なのはウィーンでコレペティトゥアの仕事を続けている三ツ石潤司さんが一時帰国中で、ユニークなスピーチに大笑いした。

お弟子さんではないが、関わりの深いピアニスト渡邉康雄さん、規久雄さんご兄弟や、作曲の西岡龍彦さん、小鍛冶邦隆さん、佐怒賀悦子さん、山本純ノ介さん、山内雅弘さんといった方々とも、久しぶりにお会いできて楽しかった。同級だった山本泰久さんなどとは大学卒業以来ではないだろうか。

私自身は、べつに反逆したつもりもなかったが、ふと気がついたら、ありゃ「芸大アカデミズム」とはかなり離れたところに立っているぞという具合で、いささか敷居が高いのだけれど、集まってみれば単なる同窓会。先生の風貌も以前と少しもお変わりないから、和声課題で連続5度を直されたり、落とした臨時記号を大きく書かれたりしていたころから30数年経ったと言われても、何だか変な感じがするばかりなのだ。

« 「ボルヘスの時間」 | トップページ | 春の雨の夜、横浜の洋館で。 »

コメント

俺の受験時代の恩師も芸大作曲科卒なので、きっと野田先生の教えを受けていたのでしょうか。
その「若い人たち」の中にひょっとしたら紛れていたかもしれません(笑)

先生、お久しぶりです。
mixiも時々覗かせてもらってますが、こっちに足跡を。

いつか先生を囲む会があれば、ぜひ私も囲みに行きたいです。
「どちら様でしょうか?」って言われそうだけど。w

>なかぬまくん
そうなんだね。ただ、あそこは「流派」が違うと、全然教わらないこともありますから、わからないんだけどね。もちろん、紛れていた可能性も十分あります(笑)。

>旧・音楽村の住人さん
どうもです。囲んでください(笑)。あれから、もうずいぶん経ちましたから、旧・音楽村の住人さんたちに会いたいなぁと思うことあるんだけど、遠方だからなかなか難しいよね。みんなで仙台に遊びに来ませんか、囲みに(笑)。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ボルヘスの時間」 | トップページ | 春の雨の夜、横浜の洋館で。 »