フォト

-天気予報コム-
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

友人のページ

こんなページを見つけました。

無料ブログはココログ

« ヴィエトナムのマグカップ | トップページ | 寺山修司◎劇場美術館 »

2008年9月26日 (金)

仙台フィル9月定期

仙台フィル第231定期演奏会を聴く。

曲は、モーツァルト:「魔笛」序曲、モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番、シューベルト:交響曲ハ長調「ザ・グレイト」。指揮はハンス=マルティン・シュナイト、ヴァイオリン独奏は川久保賜紀。

これも、讀賣新聞宮城版にレヴューを書くことになっているので、ここでは詳細は省略。10月中旬の新聞記事をご覧ください。

川久保氏の涼やかな音色と、老巨匠の愛すべき音楽を楽しんだ。マエストロには、ちょっとハラハラさせられたところもないわけではない。いつも一緒にやっているオーケストラならば対応できることでも、短期間の客演ではなかなか難しいんだろうなと思う。しかし、それはそれとして、最後には、落ち着いた音楽をじっくり聴かせてもらった充実感が快く残った。

« ヴィエトナムのマグカップ | トップページ | 寺山修司◎劇場美術館 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヴィエトナムのマグカップ | トップページ | 寺山修司◎劇場美術館 »