フォト

-天気予報コム-
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

友人のページ

こんなページを見つけました。

無料ブログはココログ

« またご無沙汰のお詫び | トップページ | 最近、本を読むスピードが落ちたような気がするけど »

2008年12月 1日 (月)

塩竈遊覧

11月24日(振替休日)

22、23日と推薦入試があり、実施本部業務に従事。入試現場にいるのとはまた違った疲れ方でぐったり。25日には朝から会議があるため、空いた一日である24日は神奈川に戻るのも慌しいし、どうしようかと思っていたら、卒業生のNさんが、「塩竈神社行きませんか」と誘ってくれた。Nさんは、塩竈の隣のR町の住人なのである。

こんなに頻繁に仙台にいながら、また何度も塩竈にも行く機会がありながら、いつも食い気に走るばかりで、名高い塩竈神社をお参りしたことがないのはいかがなものかと反省し、お誘いに乗ることにする。

「食い気に走る」のは、塩竈は港町で、お鮨屋さんが多く、海の幸が美味しいからだ。

Photo_2 あいにくの曇り空で寒い日だったけれど、境内の木々が、これでもかというくらいに紅葉していて、それはそれは美しかった。

見事なグラデーション。写真はクリックすると、少し大きく表示できます。02_2

01_2

神社の裏坂に、旧亀井邸がある。「海商の館」亀井邸というのが、正式な呼び名のようだが、仙台を拠点とする企業、カメイの初代社長さんの住まいだったそうだ。住まわれなくなっていたところを、現在はNPOが管理し、一般公開しているとのこと。

Photo_4 「和洋併置式住宅」という建物で、大正ロマンを思わせる洋室もある。作りつけの箪笥(仙台箪笥)が実に立派。塩竈の港も眺めることができる落ち着いた佇まいの邸宅である。

ついでに、松島へ回る。五大堂、瑞巌寺といった観光エリアはパスして、奥松島方面へ。 Photo_6

Nさんが連れて行ってくれた海産物屋さんの店先では、新鮮な貝類を炭火で焼いてもらって食べることができる。牡蠣、帆立、ツブ貝を焼いてもらう。あさり汁のサービスもある。いずれも絶品!

やっぱり、最後は食い気に走ってるな。

« またご無沙汰のお詫び | トップページ | 最近、本を読むスピードが落ちたような気がするけど »

コメント

とっても楽しい1日、ありがとうございましたhappy01

紅葉がちょうど綺麗な頃で、ため息ものでしたshine
旧亀井邸のある神社の裏坂、通称「女坂」を通りましたが、石畳は、石巻産の硯石を使っているそうです。ゆるやかで、静かな雰囲気が好きな場所です。
あ、では「男坂」も登らなければ…次は頑張ってみましょうsign01

202段smile

美しかったし、楽しかったし、そして…美味しかったですぅcatface(←やっぱり)

Nっちゃん、こちらこそその節はどうもありがとう!
充実した一日でした。
石畳に硯石を使っているって、すごいですね。
あんまりちゃんと見なかったな。
「男坂」というのは、正面の石段のこと?
202段かぁ・・・sweat02
でも、山寺よりはだいぶ少ないから・・・あはは・・・coldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« またご無沙汰のお詫び | トップページ | 最近、本を読むスピードが落ちたような気がするけど »