フォト

-天気予報コム-
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

友人のページ

こんなページを見つけました。

無料ブログはココログ

« 白熱するユアスタ | トップページ | 秋から冬へのコンサート(1) 小山実稚恵リサイタル・仙台フィル定期 »

2008年12月13日 (土)

一周忌

昨年の今頃は、入院してからまもなく3ヶ月経つ父を、別の病院に移すことになるのか、あるいは介護施設に入るのがいいかなどと、悩んでいた。

「別の病院」に移る余地があるのだろうか・・・」と、当時の容態を見るにつけ、思っても口には出せなかった予感が的中して、父は入院3ヶ月制限の最終日に他界した。命日は1月3日だが、遠方から集まる親戚たちのことも考えて、少々早めながら一周忌の法要を執り行う。

Photo 父が逝って、生活も劇的にというほどではないにしろ変化した。しかしそれ以上に、私自身の内面的な日常が大きく変わったような気がする。何がどう変わったのかと問われても、説明はできないけれど。ふとした時に、父の不在が沁みこんでくるのである。

ただ、やはり1年という時間は、父の不在を風化させることはないにしても、寂寥感をいくらかでも和らげる。親戚たちも同様で、この日を口実に、ふだんは離れている同士が再会できて楽しそうでもある。楽しそうと言っては父に気の毒だが、父もみんながそんなふうにしているのを喜んでいるだろう。

法要と御斎が滞りなく終わり、家に戻る頃、入れ替え戦第2戦の様子を伝えるメールが、刻々と入ってくる。今日はジュビロ磐田のホームなので、会場はヤマハスタジアム。父が眠る墓所のすぐ近くだ。スタジアムの歓声は、墓所まで地鳴りのように伝わってくる。「やっかましくてかなわんなぁ」などと言いながら、覗き見ているかも知れない。

ベガルタ仙台は、2-1で敗戦、J1入りを逃す。到底勝てないという相手ではなかっただけに残念だが、来年こそは文句なくJ1入りできる力をつけてほしいな。

« 白熱するユアスタ | トップページ | 秋から冬へのコンサート(1) 小山実稚恵リサイタル・仙台フィル定期 »

コメント

2008年、お世話になりました。
ブログ楽しく拝見してましたよ。
いつもすごく物理的に近いところで何かをやってるわけではないけれど、そこに居てくれる人。と思ってます。ありがとう。
オトウチャマ、安らかな眠りを。
うちのカアタンと、ロベルトと、あらまあ。こんばんは、すみませんねえ。いつもおせわになりまして、とやってるのかな。

>なす母さん

こちらこそ、お世話になりました。
最近はゆっくりお話できる機会が少ないけれど、たまにお話すると、何だかホッとします。

向こう側には、カアタン、ロンちゃんにうちのパパさん、ネコたちがいるって思うと、結構楽しそうだなぁ。
だからといってこちらから簡単に行くことはできないから、つまらない。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 白熱するユアスタ | トップページ | 秋から冬へのコンサート(1) 小山実稚恵リサイタル・仙台フィル定期 »