フォト

-天気予報コム-
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

友人のページ

こんなページを見つけました。

無料ブログはココログ

« 2011.3.11 仙台(11) | トップページ | 2011.3.11 仙台(13) »

2011年3月27日 (日)

2011.3.11 仙台(12)

3/21(月・春分の日) 曇り

散歩をしていると、街が息を吹きかえすために、様々な手が差し伸べられていることがわかる。いろいろな都市からの救援車が停まり、都市名の書かれた腕章や制服を着た人たちが歩き、自衛隊の災害支援車が走り去る。震災発生後、こういったプロの技術者たちがたちどころに集結して街の復興へと力を寄せ合う。秩序立ったフットワークが、海外のメディアを驚かすのだろう。広瀬町の厚生病院の裏手から街中に向かって歩く。1台のヘリコプターが大学病院の屋上に着陸した。しばらくホバリングの音を響かせていたと思うと再び飛び立って行き、違う方向から別のヘリが着陸する。救急患者を搬送しているのか、物資を積んでいるのか。

かつて同僚だった関西のKUさんから電話。こちらの状況を話す。そのほかにも、この日までに、プロデューサーのKYさん、ピアニストのKMさんや、岡山のAKさん、島根のYMさんなど多くの方から電話を頂き、また、海外からも含めて、たくさんのお見舞いのメールやメッセージを頂いた。ありがたいことだ。そうそう、ショールームのガラスが損壊していた車のディーラーさんからも電話があった。「お怪我などありませんでしたか。」と尋ねられたけれど、それはこっちが聞きたいです。「スタッフはみんな奥の方にいて無事でした。」と聞いて一安心。

夜は豚キムチと豆腐のバター焼きを作ってみる。豆腐のバター焼きは懐かしいメニューで、思い出を共有する人は多いはずだけれど、作ってみるとどうも違うな。何が違うのだろう。

« 2011.3.11 仙台(11) | トップページ | 2011.3.11 仙台(13) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2011.3.11 仙台(11) | トップページ | 2011.3.11 仙台(13) »