フォト

-天気予報コム-
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

友人のページ

こんなページを見つけました。

無料ブログはココログ

« 川崎と仙台(2) | トップページ

2011年10月27日 (木)

レポート(南三陸町戸倉中学校)

「被災地へピアノをとどける会」の活動をしています。http://www.piano-donation.org/

10月25日、南三陸町戸倉中学校にグランドピアノをお届けいたしましたが、 同校を訪問し披露演奏をした「被災地へピアノをとどける会」実行委員長・庄司美知子先生のレポートを掲載いたします。

***************************

皆様

改めてご報告いたします。昨日戸倉中学校にグランドピアノをお渡ししました。

戸倉中学校は、校舎が損壊したため、現在は登米市に場所を移して授業をしています。生徒さんたちは、毎日戸倉からこの仮設の学校まで、バスで1時間かけて通っています。昨日は戸倉小学校の生徒さんもコンサートに参加されました。

校長先生(女性の方です)のお話によると、戸倉中の40代の先生が、地域の方々を助けだした後に、体育館のピアノと一緒に津波に流されてしまったそうです。 熱心に合唱の指導をしていらしたそうですが、何と流されたピアノのそばで亡くなられていたとのお話に、みんな涙でした。

もう一人、生徒さんが避難中に恐怖で動けなくなり流されたそうです。子供たちが受けた心の傷は深いし、ほとんどの生徒さんのご家族(もちろん先生方も)家、車、仕事を失っているとのこと。これからが大変とおっしゃっていました。

心をこめてピアノを弾かせて頂きました。帰り道、石巻のそばを流れる北上川の静かな流れを見ました。この川がこの町をのみ込んだのかと思うと信じられませんでした。

阿久津様から寄贈されたピアノはとても立派で、象牙の鍵盤でした。気仙沼の調律師さんは本当に丁寧にピアノを磨いてくださり、ぴかぴかの新品のようでした。11月3日の文化祭にはこのピアノを使って合唱をします、と校長先生は話してくださいました。

たくさんの人の手によって運ばれたピアノです。皆様ありがとうございました。この後もピッチを上げてピアノをお届けしていきたいと思います。

 

 

 

一方、 難しい現実をたくさん見てきました。

気仙沼も、ホールはすっかり壊れ、秋の音楽祭やすべての行事が中止となっているそうです。

また、石巻方面への交通(道路)は未だに正常にはなっていないのです。三陸自動車道はかなり混んでいるというので、帰りは45号線の道路を走りましたら、途中で通行止めのバリケードがあ り、何台かの車と共にUターンして戻ること20~30キロ。やっと高速に乗りましたが8キロ渋滞というのに巻き込まれました。石巻と仙台をつなぐ電車もま だ止まっているので皆さん車で移動をするし、あちらこちら道路も寸断されているので、どこもかしこも大渋滞になるのです。通勤の人たちの苦労がわかりまし た。1日も早い道路や電車の復旧なくして、この地域の復旧は難しいと感じました。

 

« 川崎と仙台(2) | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎と仙台(2) | トップページ