フォト

-天気予報コム-
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

友人のページ

こんなページを見つけました。

無料ブログはココログ

2011年10月27日 (木)

レポート(南三陸町戸倉中学校)

「被災地へピアノをとどける会」の活動をしています。http://www.piano-donation.org/

10月25日、南三陸町戸倉中学校にグランドピアノをお届けいたしましたが、 同校を訪問し披露演奏をした「被災地へピアノをとどける会」実行委員長・庄司美知子先生のレポートを掲載いたします。

***************************

皆様

改めてご報告いたします。昨日戸倉中学校にグランドピアノをお渡ししました。

戸倉中学校は、校舎が損壊したため、現在は登米市に場所を移して授業をしています。生徒さんたちは、毎日戸倉からこの仮設の学校まで、バスで1時間かけて通っています。昨日は戸倉小学校の生徒さんもコンサートに参加されました。

校長先生(女性の方です)のお話によると、戸倉中の40代の先生が、地域の方々を助けだした後に、体育館のピアノと一緒に津波に流されてしまったそうです。 熱心に合唱の指導をしていらしたそうですが、何と流されたピアノのそばで亡くなられていたとのお話に、みんな涙でした。

もう一人、生徒さんが避難中に恐怖で動けなくなり流されたそうです。子供たちが受けた心の傷は深いし、ほとんどの生徒さんのご家族(もちろん先生方も)家、車、仕事を失っているとのこと。これからが大変とおっしゃっていました。

心をこめてピアノを弾かせて頂きました。帰り道、石巻のそばを流れる北上川の静かな流れを見ました。この川がこの町をのみ込んだのかと思うと信じられませんでした。

阿久津様から寄贈されたピアノはとても立派で、象牙の鍵盤でした。気仙沼の調律師さんは本当に丁寧にピアノを磨いてくださり、ぴかぴかの新品のようでした。11月3日の文化祭にはこのピアノを使って合唱をします、と校長先生は話してくださいました。

たくさんの人の手によって運ばれたピアノです。皆様ありがとうございました。この後もピッチを上げてピアノをお届けしていきたいと思います。

 

 

 

一方、 難しい現実をたくさん見てきました。

気仙沼も、ホールはすっかり壊れ、秋の音楽祭やすべての行事が中止となっているそうです。

また、石巻方面への交通(道路)は未だに正常にはなっていないのです。三陸自動車道はかなり混んでいるというので、帰りは45号線の道路を走りましたら、途中で通行止めのバリケードがあ り、何台かの車と共にUターンして戻ること20~30キロ。やっと高速に乗りましたが8キロ渋滞というのに巻き込まれました。石巻と仙台をつなぐ電車もま だ止まっているので皆さん車で移動をするし、あちらこちら道路も寸断されているので、どこもかしこも大渋滞になるのです。通勤の人たちの苦労がわかりまし た。1日も早い道路や電車の復旧なくして、この地域の復旧は難しいと感じました。

 

2011年10月21日 (金)

新作合唱曲初演のお知らせ

仙台の合唱団・木声会による新作合唱曲初演です。


・「光」(まど・みちお詩、吉川和夫曲)
・「泣いているきみ」(谷川俊太郎詩、吉川和夫曲)。
・「手品」(永瀬清子詩、寺嶋陸也曲)


指揮・横山琢哉、ピアノ・掛田瑶子

10月30日、横浜みなとみらいホール。

11時開演のマラソン・コンサートですが、木声会の出番は16時51分の予定です。

http://www.ongakuju.com/corofesta/main2011.html

2011年10月14日 (金)

「壊滅」した町並み、未だに。

学校訪問を終え、学生くんたちと別れたあと、同僚のO先生と塩竃の町を歩いてみました。
マリンゲートの脇の広場は、まだ津波の傷跡が生々しく残っています。
1

衝撃的だったのは、乗降客の多い本塩釜駅付近、本来なら賑わっているはずの駅前商店街が「壊滅」状態であることでした。有名なお寿司屋さんなど、営業している店は数えるほどで、多くはシャッターなどが壊れたままなのです。

2












この古い商店は取り壊しが決まっているようで、未だに放置されたままです。
3

大資本による量販店の影響もあるのでしょう。しかし、この荒廃の様子は尋常ではないと感じます。塩竃のことはほとんど報道されませんが、復興とかがんばろうというような美しく力強いスローガンからは完全に取り残されています。これも、震災の現実なのです。

4

その日

この学校は、特認という制度を利用して学区外である島外(塩竃方面)から、毎朝汽船で通ってくる児童・生徒が大半です。その日の島の学校の様子を、校長先生から伺いました。

3月11日は、ちょうど中学校の卒業式。児童・生徒の多くは早い時間の船に乗って帰っていた。残る生徒たちは14時21分発の船で塩竃へ向かっており、もう間もなく港に到着という時に地震が発生した。

子どもたちは、塩竃到着と同時に大津波警報が出ていることを知らされ、そのまま船着き場である塩竃マリンゲートの3階に避難し、難を逃れた。たまたま出張のために早く学校を出た先生や保護者の方も同じ船に乗っておられたために、速やかに避難できた。

「船の到着は、絶妙のタイミングでした。」と校長先生は話されましたが、もう少し早く着いて、保護者の迎えの車に乗っていたら津波に巻き込まれたかも知れません。もう少し遅かったら沖合で津波に襲われることになったでしょう。船着き場付近に停めてあった車は、ことごとく「洗濯機に揉まれるように」流されていった。島外から通う先生方の車もすべて流され、その中の1台は遂に行方がわからなかったそうです。

You Tubeでは、マリンゲートから見た津波の映像を見ることができます。

http://www.youtube.com/watch?v=wl1VMkZma50&feature=related

学校に残っていたのは、校長先生をはじめとする先生方のみ。学校はすぐに避難所となり、校長先生がようやく出た臨時便の船に乗って東松島のご自宅に戻られたのは4日後だったそうです。

野々島

浦戸諸島のおかげで、松島や塩竃あたりの被害は少なかったという話を聞いたことがあります。では、松島や塩竃を守った(?)島はどんな様子なのでしょうか。

桟橋からは仮設の道路が、本来の土地より一段高く作られています。私がここに来たのは2年前ですが、景色が変わっていて、方角がよくわからなくなりました。もちろんこの島にも津波は襲い、家屋を破壊していきましたが、幸い亡くなられた方はいらっしゃらなかったとのこと。学校は高台で、小さな島ですからすばやく避難できたのでしょう。今でもところどころに瓦礫の大きな山が築かれ、防災無線用の電柱が曲がったままになっています。そして、思わぬところに水が溜まっています。

Photo_3

学校は、幸い大きな損傷は受けず、7月まで避難所になっていたそうです。4月21日から学校が始まって、3カ月ほどは学校と避難所が併設されていたわけです。
普段から、島に住む方々と学校の方々は深い交流をもっているのですが、避難所を運営したことで一層絆が深まったと、校長先生は話してくださいました。

「ちょうど帰りの頃は大潮です。」と言われましたが、帰りの船着き場では地盤沈下の影響を実感しました。
Photo_4

海のように見えますが、右側は海ではありません。本当は埠頭なのですが、大潮の時にはこんなふうに完全に水没してしまいます。仮設の道路が一段高く作られているのも、水が溢れてきて水溜りになるのを避けるためだと思います。石巻などでは、普通に家屋があるところで、こういう状態が起きているのでしょう。

島の学校

松島湾に浮かぶ浦戸諸島・野々島の学校に行きました。
小学校・中学校併設で、全部で26名という小さな学校。塩竃から汽船で約30分です。
毎年私たちの大学の音楽の1年生が伺って、授業研究をさせて頂いています。
今年は震災の影響で実施が危ぶみましたが、学校のご厚意により、例年通り実施させて頂くことができました。

楽器紹介をしたあと、歌を歌ったりして楽しく過ごし、子どもたちと一緒に給食を頂きました。
短い時間でしたが、名残を惜しみながら無事戻ってきました。

Img_3688_800x600

2010年7月19日 (月)

人の頭は、不思議な力をもっていた

大学の図書館が出している児童書紹介リーフレット「カムパネルラ」に、駄文を弄しました。アメリカ・インディアンの詩による絵本の紹介です。こちらから読むことが出来ます。

http://www.lib.miyakyo-u.ac.jp/library/Campanella/201007/ka17_1.html

2010年4月 1日 (木)

「花いちもんめ」

女優の加藤忍さんが、ひとり芝居「花いちもんめ」(宮本研・作)に挑戦するというので観に行く。会場である新宿のSPACE雑遊は、何だか懐かしい雰囲気の極小劇場。

忍さんとお仕事をご一緒にしたのはいつだったかなと思って調べてみると、何と2001年!それ以来、公演があるたびにご案内を頂くのだが、なかなか伺えないうちにもう9年も経ってしまったのだ。

ひとりオペラ作品を初演したばかりなので、そういう意味でも興味深く観せていただく。役者さんにとってひとり芝居は、とても重要な勉強の場だろう。しかしキツイな。いや、忍さんのパフォーマンスからキツイ感じを受けたわけではない。ひとり芝居という場の厳しさ、中国残留孤児を扱った作品の重さが、崖の上に立つような孤独感、ざらざらしたものでひっかかれたような痛みをもたらすのだろう。感銘深い舞台だった。

新宿3丁目はものすごく久しぶりだったので、終演後少しだけウロウロする。
懐かしいラーメン屋さんや何度か行ったことのある飲み屋さんがまだあったり、そういえばここでは武満さんともご一緒したんだっけ。松村禎三先生や武満さん、作家の中井英夫さん、ピアノ調律師の原田力男さんなんかが根城にしていたバーはこのあたりだったか・・・。あのころの大人たちは、私のような幼い若者を、よくもまぁ真面目に相手してくださったものだ。恥多きわが20代前半を思い返すも、映画が奥深いアートであると教わった新宿文化やその地下の蠍座は跡形もなく、新宿で思い出す方々の多くは、すでに鬼籍に入られた。

忍さんの美しい舞台を観たあとだのに、ぼやけた懐旧にふけることしきりである。

Photo_2

2010年3月31日 (水)

ひとりオペラ「にごりえ」

四谷区民ホールで、ひとりオペラ「にごりえ」の初演。

この日が無事迎えられたのは、ほとんど奇跡としか思えない。依頼主であり演者である竹田恵子さんのパワーのおかげである。
モノオペラというものは、だいたい1時間程度の長さが適当だろうに、この作品は前半45分、後半60分を要する。それも、無理やりカットしてやっとこれだけの時間に収まったのだ。何とか時間の取れた日は朝から晩まで作曲したし、竹田さんも、少しずつ出てくる楽譜を受け取りながら、朝から深夜まで練習したそうだ。そもそも作曲が遅れた原因はいろいろあるけれど、愚痴のようになるから書くのはやめておく。

山田百子さんのヴァイオリン1台だけが寄り添う。恵川智美さんの演出と成瀬一裕さんの照明によって、舞台に幻想の街が浮かびあがった。

終わってみれば、まだ直したい整理したいという部分はたくさんあるし、これから考えていくことになるだろうけれど(それは、竹田さんも山田さんも恵川さんも同じだろう)、とりあえずやるべきことはやったという感じはある。

名づけるとすれば、「ヴァイオリンを伴う語り歌」を書いたつもりだが、竹田さんは歌役者だから、いわゆる「浄瑠璃」語りにはならない。かといって西洋風のオペラとも違う。フシのついた朗読?何であっても構わない。上演形態だっていろいろ可能だろう。樋口一葉の難しいけれど美しい言葉、24歳でこの世を去らなねばならなかった女性が身を切るような思いで書きとめた人間模様がお客様に届いたか、そのとき私の書いたフシが、物語が訴えることについて何か少しでも発言できたかどうかだけが問題で、そのかたちが何と呼ばれようと、何でもなかろうと、私は構わない。

Photo_3

四谷区民ホール前。信州に所縁のある桜との由。今年見た最初の満開の桜。

2010年3月28日 (日)

高山 登展

「300本の枕木 呼吸する空間」とサブタイトルがつけられた高山登個展、約2カ月間の展示の最終日に、やっと行くことができた。宮城県美術館。

2階の展示室に入ると、まずはじめの作品に目を奪われる。
言ってしまえば、枕木が立てかけられているだけなのだが、この直線の厳しい美しさはどうだろう。枕木はそこに卒然として現れ、物言わず、自然の造作物のように存在している。

メインの展示室は、「呼吸する空間 - 消えた身体」という作品。薄暗い照明の中に、枕木を中心として、コンクリートや鉄、ベッド、映像や壊れた古いピアノなどが配されるインスタレーションである。

その展示を眺めながら歩く。立ち止まる。しばらくの間じっと立つ。枕木の模様や積み重ね具合を眺め、迷宮へ誘うような直線を凝視する。

「作品に手を触れてはいけない」と書いてあるけれど、「跨いではいけない」とは書いてないから、跨いでみる。逆方向に歩いてみる。照明は逆光になり、まったく違った景色が現れる。

大きな展示室だけでなく、美術館の中庭やエントランスホールにも展示されている。いつまでもそこにいて遊んでいた気分になった。

Photo

高山先生は、少し前まで「大学の同僚」だった。もちろん、高山先生の方が大先輩だけれども。すごい人だなぁと改めて思う。当たり前のことだけれど、枕木300本やるから何か作ってみろと言われても、誰にもこんな作品作れやしまい。

美術館のレストランでは、いつも特別展にちなんだメニューが用意してあるのだが、今回はビーフ丼枕木風だか何だかで、ビーフステーキが枕木のように長細く切ってご飯の上に乗っていたのはご愛敬。



より以前の記事一覧